2011年05月22日

世界


今年の国内2大会が終了したが、世界はどうか?
今週は女子:ポーランド、男子:チェコでワールドツアーが
開催されている。

女子は決勝に残ったのは、イタリアとオランダ。
インドアは強い両国だが、ビーチバレーでは常連ではない。
ブラジルもアメリカも中国もいない。
ペア変更し、敗戦している。
ここにきて、勢力図が変わってくるだろうか?

一方、男子はアメリカ対ブラジル。
ロジャース・ダルハウザーとブラジルの強さは変わらない。
準決勝は40−38というスコアで勝っている。
また、エマニュエル・アリソンはまだ優勝がない。
結成2年目。そろそろ優勝しても?
来年の五輪もこの2強が続くだろう。

それ以上に気になるのは日本勢だが、
男子は3チームが揃って予選1回戦敗退。
女子も2回戦敗退
世界が恐ろしく強いのは分かるが、強化がうまくいってないのは
明らかだろう。
低迷期を迎える予感がする。

景気が低迷する中、国内ツアー大会は4年前から、スタンドが立ち、
賞金が増え、プロ化し、だいぶ変わってきたが、
強化にはまだまだ繋がっていない。

五輪出場方式が変わったし、アジア制覇に絞って強化するしかないだろう。
となるとやはり最大のライバルは中国。
厳しいなぁ。

チーム・ジャパン! 頑張れ!

しかし、一度、強化プランを聞きたいものだ!
posted by とっくん at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45394357

この記事へのトラックバック