2011年05月31日

伸びる

110530_2029~001.jpg
こんなに伸びて、しかも美味しい。

昔から岩海苔は好きだけど、こんなに伸びるものがあるんだねぇ。
やった!
posted by とっくん at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

海苔

110530_2024~001.jpg
これが、
posted by とっくん at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月22日

テレビで

110521_2013~003.jpg
見たら、行きたくなってしまった。

さっそく、気になったメニューを頼んだら、美味しかった。

ただ、テレビで見たのとお店で出てきたのは、色など見た目からずいぶん違うな。
本当の勝負ではないな。
posted by とっくん at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

世界


今年の国内2大会が終了したが、世界はどうか?
今週は女子:ポーランド、男子:チェコでワールドツアーが
開催されている。

女子は決勝に残ったのは、イタリアとオランダ。
インドアは強い両国だが、ビーチバレーでは常連ではない。
ブラジルもアメリカも中国もいない。
ペア変更し、敗戦している。
ここにきて、勢力図が変わってくるだろうか?

一方、男子はアメリカ対ブラジル。
ロジャース・ダルハウザーとブラジルの強さは変わらない。
準決勝は40−38というスコアで勝っている。
また、エマニュエル・アリソンはまだ優勝がない。
結成2年目。そろそろ優勝しても?
来年の五輪もこの2強が続くだろう。

それ以上に気になるのは日本勢だが、
男子は3チームが揃って予選1回戦敗退。
女子も2回戦敗退
世界が恐ろしく強いのは分かるが、強化がうまくいってないのは
明らかだろう。
低迷期を迎える予感がする。

景気が低迷する中、国内ツアー大会は4年前から、スタンドが立ち、
賞金が増え、プロ化し、だいぶ変わってきたが、
強化にはまだまだ繋がっていない。

五輪出場方式が変わったし、アジア制覇に絞って強化するしかないだろう。
となるとやはり最大のライバルは中国。
厳しいなぁ。

チーム・ジャパン! 頑張れ!

しかし、一度、強化プランを聞きたいものだ!
posted by とっくん at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月21日

鵠沼


久しぶりに鵠沼へ
海はやはり気持ちが良い!
サテライトがあり、人数が少ないかと思いきや、結構人がいたよ。

いつもと違うメンバーが上位にいたかな。

今日は非常に良かった!
posted by とっくん at 17:57| 日記

2011年05月17日

反省

110515_1429~002.jpg
こんなことをする選手は1しかかいませんね。

名古屋大会、優勝おめでとうございます。


愛知県開催は毎年恒例になっていますが、今年は新舞子から名古屋市に開催地が変わりました。
例年そうなんですが、愛知は地元スタッフの皆さん、よく手伝って下さり素晴らしい。
本当にありがとうございます。
昨年お手伝いしてくれてたおばはん達も見に来てくれました。
今回あの五月蝿いのが居ないのが残念。
posted by とっくん at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月15日

110515_1429~001.jpg
名古屋のツアー会場に牛の着ぐるみの頭を被った選手が登場!?

逃げ惑う子供たちを追いかけて、楽しんでいたよ。
なんて可哀想なことを!!?

こんなひどいことをする選手は一体誰なんだろう?
posted by とっくん at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月13日

ちゃりてぃ

110513_1349~002.jpg
今週末は、名古屋のオフィス街でビーチバレーをやってます。

ここもなかなか素晴らしい環境です。
posted by とっくん at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月12日

笑顔でいなければ


各地を周り、面白いことを見つけ、一緒に楽しんだ。

いっぱい思い出があります。


今日は告別式に参列し、最期のお別れをしてきました。

誠弥は安らかでした。

多くの弔問客が泣いていました。

まだ若いのに。
まだやることが一杯あるはずなのに。

お母さんが、誠弥は悲しいことが嫌いだから、泣きませんとおっしゃってました。

誠弥に教えられたこと。

本気でやろうと思えば出来ないことなんて無いこと。

つまらないことも自分次第で楽しめるようになること。

いつも笑っていれば、幸せでいられること。

誰とでも友達になれること。

確かに誠弥はそうやって生きていたな。

私たちはいつまでも悲しんでいてはいけない、笑っていなければいけないんです。

でも、今週一杯は許してな。
posted by とっくん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月11日

訃報


一昨日、突然の訃報の連絡がありました。
えっ?誠弥が?
信じられませんでした。
まだ24歳。
ちょっと前まで元気だったそうですが、急性の病気で
亡くなったそうです。

DSC_0598S.jpg
角田誠弥(24歳)

JBVツアースタッフとして、ツアーの初期の頃から共に頑張ってきました。
本当に優秀で大事な人材でした。
ビーチバレーが好きで、ツアーのほかジャパンの裏方として
ビーチバレーのために活躍してくれてました。
国体のときはわざわざ新潟にも応援に来てくれました。
ツアーのあとの空いたコートでプレーもしました。


---日程---
通夜 5月11日18:00〜
葬儀 5月12日10:00〜
東村山市本町2-19-36(長坂式典センター)


ツアースタッフの多くは愛知大会で参列できませんでしたが、
本日、東京に残っている仲間でお通夜に行ってきました。
誠弥のたくさんの友人が参列していました。
葬儀を見て、事実だということを実感しました。
そのあとで、お母さんとお話ができました。
母一人、子一人で家族一人になってしまったこと。
ビーチバレーが本当に好きだったこと。
外での誠弥の話を聞かせて欲しいとのこと。

誠弥の名前の入っているイヤーブック、
ツアーでの集合写真などを持っていきました。
あまり写真がないとのことで大変喜んでくれました。

後日、線香をあげに行きたいと思います。

ご冥福をお祈り致します。
posted by とっくん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月10日

第1戦お台場大会


今年のツアー初戦は、男子:井上・長谷川、女子:村上・金田が優勝した。

女子は怪我で上位シードが欠場した幸運もあったが、確実に決勝に進み、最後はシード1に勝ち、実力も申し分無かった。
男子は新ペアが多い中、昨年から継続の井上・長谷川が初優勝!
チームの完成度が高く、ケーシー・西村ペアとの決勝戦は素晴らしかった。

審判は大変だったと思うが、好プレーと抗議とヤジで、観客席も選手も会場が一体となった。面白い決勝戦だった。

結果、男女ともプール戦での雪辱を果たして強化指定では無いチームの優勝!
(大丈夫か?日本代表!)
新チームが愛知までの1週間で巻き返せるのか?
まだ時間がかかるのか?
そして、愛知はダブルトーナメント形式になります。
オフィス街のビーチバレーコートで繰り広げられる第2戦の戦いを早く見たい!
posted by とっくん at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月07日

頑張ろう!ニッポン

110506_1135~001.jpg
JBVツアー選手が会場で義援金募集活動をしていました。

選手全員でやってましたョ!!
ビーチバレー選手もプロとして社会貢献してます。
このプロとしての振る舞い!
素晴らしい。
私も応援します。
posted by とっくん at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月03日

お台場ビーチフレンズ


お台場ビーチフレンズのブログがリニューアル!

ぜひ、よろしく。

http://ameblo.jp/odaiba-beach-friends
posted by とっくん at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月02日

ぶつ切り

110502_1958~001.jpg

ぶつ切りレバ刺。
今回、荻窪まで遠征、ぶつ切り度合いは過去一番というナイスな感じでした。

ユッケも良く食べます。
食中毒の報道がされてます。
生肉を食べるときは気を付けましょう!

posted by とっくん at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月01日

ワイン

110430_2132~001.jpg
たまには趣向を変えてワインを。
お店一押しの「カサーレ ベッキオ」。
なかなか濃いめ?でおいしい。
しかし赤ワインは樽の香りがあまり好きになれないんだよな〜。

次回はウイスキーもいってみるかなぁ。
先日バーで飲んだやつがとても旨かったので。
posted by とっくん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記